トップページ > 自分に合うサイズが一目で分かる方法 > サイズがあっている服を選ぶときのチェックポイント

サイズがあっている服を選ぶときのチェックポイント

サイズが合っていない服を見抜くのは実は簡単。チェックポイントは数カ所あるのですが一番わかりやすいのは「肩のラインに注目」することです。

まずは肩のラインを見る

メンズの洋服のサイズを見るときに一番大切なのは肩のラインです。赤丸の所です。身頃の部分と袖を縫い付けているラインが肩より外側に出てしまっている物は大きすぎです。この部分は前から見るよりも後ろから見た方がわかりやすいです。


ワキからお腹へかけてのラインを見る

2つめのポイントはワキからお腹へかけてのラインです。青丸の所です。ここがなるべくだぶつかないようなサイズを選んで下さい。ただお腹の部分はどれくらい肉が付いちゃってるかによっても変わるので・・・。あまり無理しちゃうとつらいのでほどほどな感じがよろしいかと(^_^;)

肩の部分を拡大して詳細解説

Sサイズ(これくらいがジャスト)


体の肩のラインより、洋服の肩のほうが内側に入ってます。肩だけ見れば大きくてもこれくらいのサイズを選びたいところ。

Mサイズ(これでも悪くない)


体の肩位置と洋服の形が同じ位置に来ています。肩だけ見るとこれではちょっと大きいです。ユニクロのシャツは肩が少し大きめのようです。

Lサイズ(肩が落ち出す)


洋服の肩の位置が外側に出てしまっています。すると胸のあたりにタテのシワが出るようになります。シワが出てしまったら大きいと言うことです。

XLサイズ(でかすぎすぎ)


もうブカブカ状態(^_^;)。大きすぎるときにでる胸のシワも盛大に出てしまっています。

メンズファッション 特集記事

通販Shopランキング
カッコ良くってセンス抜群のセレクトしているショップが決定!
通販Shop徹底比較
センス,価格,返品できるの?などひと目でわかるように徹底比較。
失敗しない服選び3ヶ条+2
これだけ知っていれば服選びで失敗しない
コーディネイト・着こなしコラム
服を着こなしている人が誰にも教えない着こなしのコツ
メンズスタイル
サイズが合っていない服を見抜くのは実は簡単。チェックポイントは数カ所あるのですが一番わかりやすいのは「肩のラインに注目」することです。 まずは肩のラインを見